シウマの2021年占いでの数字ラッキーナンバー待ち受けは? | サキヨミ

シウマの2021年占いでの数字ラッキーナンバー待ち受けは?

スポンサーリンク
その他・ニュース
スポンサーリンク

シウマの2021年占いでの数字ラッキーナンバー待ち受けは?

シウマさんは沖縄県沖縄市出身の占い師で、フジテレビ系で放送されている『突然ですが占ってもいいですか?』にも出演していて、注目を集めている。

 

2021年占いでの数字ラッキーナンバー待ち受けは?

 

これまでシウマさんがメディアで発表してきた数字のラッキーナンバー。

 

13は、「明るく元気で前向きになれる。笑顔になれてよくしゃべる。アイドルのパワーが身に付く」

フットボールアワーの後藤輝基 、オリエンタルラジオの藤森慎吾の携帯番号下4ケタが13だという。

 

15は、特に女性が持つと、世間一般で言われる女性の幸せをすべて手に入れることができます。

 

17は、勝負事に強く、目標達成や魅力を高める数字だそう。

タレント性を上げたいのなら「17」がいいとのこと。

 

18は、「足して18になるといいです。守りにものすごく強い数字なので」

 

23は、「23もすごくいい数字です。追い込まれると能力を発揮する数字。」

23の女性の場合は「面倒を見なければいけない男性を引き寄せる」など男性運が少し下がることも。ただ、「仕事運は圧倒的にいい」とのことだ。

 

24は、24という数字は、財運、結婚、直感、成功、玉の輿、セレブリティ。

 

29は、 「権力、地位に関わる、王様、女王様のような数字」

名前の字画、生年月日もあるが、とにかく29というのが「権力、地位に関わる、王様、女王様のような数字」なのだとか。会社が低迷していたシウマの友人は、下4ケタを29に変えてもらったところ、そこから社長になり今では日本有数の企業になっているそうだ。

 

31は、ツキに恵まれていて、才能もあり、女性も男性も気立てがよく、良妻賢母になって行く数字ですね。

 

32は、32は特に縁がよく、良縁が良縁を呼ぶ数字で、多くのチャンスが舞い込んで来ます。1度捕まえると、それがずっと続くという数字です。出会いにいちばん強い数字です。

 

52は、24と少し似ているのですが、無から有を産む、先見性、目に見えないものをキャッチして、それが具体的になって成功するという数字です。ただ、52は4桁の最大数を超えてしまうので、使い方としては紙に書いて写真を撮り、待ち受け画像にするということもありです。

 

なおシウマさん曰く、数字を合わせてしまうと、運気がそれぞれ割れてしまうとのこと。

 

シウマ/琉球風水志

■1978年生まれ。沖縄県沖縄市出身。

沖縄水産高校出身の元高校球児であり、1996年春の第68回選抜高校野球大会にも出場。
■風水師の母の影響を受け、大学時代から姓名判断や九星気学などを研究。
■沖縄の風土で育まれた沖縄独自の「琉球風水」と、姓名判断を元に編み出したオリジナル占術「数意学」で延べ5万人余りを鑑定。
■メディアにも登場し、すぐに実践できる具体的な開運アドバイスなどを行っている。

 


 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました