YOASOBIの「夜に駆ける」の歌詞や人気曲は? | サキヨミ

YOASOBIの「夜に駆ける」の歌詞や人気曲は?

スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク

YOASOBIの「夜に駆ける」の歌詞や人気曲は?

YOASOBI(ヨアソビ)は、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組。

2019年10月1日に結成し、小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を原作として作曲している。

2019年11月16日にYouTubeに公開した星野舞夜の小説『タナトスの誘惑』を原作とした1stシングル「夜に駆ける」でデビュー。

「夜に駆ける」は、公開から約5ヶ月でYouTubeでの再生回数は1000万回を突破し、2020年の10月に1億回再生を突破し話題となった。

 

「夜に駆ける」の歌詞

「夜に駆ける」

沈むように溶けてゆくように
二人だけの空が広がる夜に

「さよなら」だけだった
その一言で全てが分かった
日が沈み出した空と君の姿
フェンス越しに重なっていた

初めて会った日から
僕の心の全てを奪った
どこか儚い空気を纏う君は
寂しい目をしてたんだ

いつだってチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
触れる心無い言葉うるさい声に
涙が零れそうでも
ありきたりな喜びきっと
二人なら見つけられる

騒がしい日々に笑えない君に
思い付く限り眩しい明日を
明けない夜に落ちてゆく前に
僕の手を掴んでほら

忘れてしまいたくて閉じ込めた日々も
抱きしめた温もりで溶かすから
怖くないよいつか日が昇るまで
二人でいよう

君にしか見えない
何かを見つめる君が嫌いだ
見惚れているかのような
恋するような
そんな顔が嫌いだ

信じていたいけど信じれないこと
そんなのどうしたってきっと
これからだっていくつもあって
そのたんび怒って泣いていくの
それでもきっと
いつかはきっと
僕らはきっと
分かり合えるさ信じてるよ

もう嫌だって疲れたんだって
がむしゃらに差し伸べた僕の手を振り払う君
もう嫌だって疲れたよなんて
本当は僕も言いたいんだ

ほらまたチックタックと
鳴る世界で何度だってさ
君の為に用意した言葉どれも届かない
「終わりにしたい」だなんてさ
釣られて言葉にした時
君は初めて笑った

騒がしい日々に笑えなくなっていた
僕の目に映る君は綺麗だ
明けない夜に溢れた涙も
君の笑顔に溶けていく

変わらない日々に泣いていた僕を
君は優しく終わりへと誘う
沈むように溶けてゆくように
染み付いた霧が晴れる

忘れてしまいたくて閉じ込めた日々に
差し伸べてくれた君の手を取る
涼しい風が空を泳ぐように今吹き抜けていく
繋いだ手を離さないでよ

二人今、夜に駆け出していく

YOASOBIの人気曲は?

配信限定シングル

1st 2019年12月15日 「夜に駆ける」 タナトスの誘惑(星野舞夜)
2nd 2020年1月18日 「あの夢をなぞって」 夢の雫と星の花(いしき蒼太)
3rd 2020年5月11日 「ハルジオン」 それでも、ハッピーエンド(橋爪駿輝)
4th 2020年7月20日 「たぶん」 たぶん(しなの)
5th 2020年9月1日 「群青」 青を味方に。 (作者不詳)

 

01.夜に駆ける

02.ハルジオン

03.あの夢をなぞって

04.たぶん

05.群青

06.ハッピーエンダー

07.フィクションブルー

08.ラストリゾート

09.キラークイーン

10.ヴァイオレッタ

11.幽霊東京

12.夜撫でるメノウ

 

タイトルとURLをコピーしました